fc2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

CAのつぶや記 窓辺に寄せて A room with a view

物語の窓から A room with a view

窓に語りかける



窓をも破る光は何処から来る?

東だ!

そしてジュリエットは太陽。
昇れ、美しい太陽。
嫉妬深い月を葬れ・・・!
苦悩で蒼ざめ死んだも同然。

そなたは月の侍女。だがあれより遥かに美しい。


原文 
But soft!what light through yonder window breaks?
It is the east, and Juliet is the sun!--
Arise, fair sun, and kill the envious moon,
Who is already sick and pale with grief,
That thou her maid art far more fair than she:
Be not her maid, since she is envious;
Her vestal livery is but sick and green,
And none but fools do wear it; cast it off.--
It is my lady; O, it is my love!
O, that she knew she were!


ジュリエットバルコニ
ヴェローナ、ジュリエットの窓


上は、当時17歳のロミオが、窓辺のジュリエットを見上げて解き放った愛の言葉。

窓辺、って好きです。寒気に震える雪が降りそうな日は、曇天を眺めながら窓辺をみつめてひとり物思いにふける、そんな至福のひとときを送るのが理想ですが、いかんせん師も走る師走、そうロマンチィックに問屋がおろしませんね。(笑)

そういえば窓って、多くのテーマを生み出しましたね。
ロミオとジュリエット、ラプンツェル、オルフェウスの窓・・・
小説、詩、映画、歌 、漫画と、枚挙にいとまがありません。

又、こころの扉をひらいて、という表現より、こころの窓を開いてというほうがずっとアプローチが近くって優しい。

窓って、好きです。


2649163_61.jpg



ある人は、窓といえば マイクロソフトのウィンドウズを想像してしまうと話していましたが、これは言いえて妙でした。しかしながら誰よりカメラから覗く景色が好きで ファインダーを覗いた時、その景色をひとり占めした感じや、その中に自分がいる感じが好きなんだ、と言って。

漠然と360度からそのひとをみるより、外から窓を通して見たそのひとはもっと美しく見えるのではないかと思う。いわば、フレームですよね。
古代のアレーナ(円形劇場)ではぜーんぶ開けっぱなしなので、見たくない部分も見えてしまって、しらけてしまうこと大いにあったと想像しています。エンターテイメントが幕月つきの二次元ぽい劇場型に進化していったのは当然のなりゆきだったと思います。いわゆる、「プロセニアム効果」です。
テレビもそうですが、パソコンのブログもそうですね。
見たくないものまで見えずに済むのはありがたいし(笑)二次元の夢って窓に通じるものがあって、だから神秘的で魅力があるのでしょう。

ラプンツェルに登場する王子さまもまた、 塔から聞こえる歌声の美しさや、 窓から映る彼女に恋をするのですよね。 一人ひとり、例え、同じ窓だとしても見える風景が違って見える。
その日の、自分の心模様でも見えてくる光景が違いますね。
映画「不滅の恋/ベートーヴェン」にも窓を震わす愛が ありました。

夕日に照らされた窓からの風景は 切ないけれど、ホッとする優しさが見えてくるように感じます。


ラプンツェル グリム童話


「眺めのいい部屋」という、やはり窓をテーマにした映画がありました。
それはロマンティックな作品でした。

原題は、A room with a view 。

「眺め」や「景色」を英語で言うとすぐにsightとviewが挙がると思います。この違いは何か?一言でいうと、sightは区切りない漠然とした眺め、viewは窓から見た景色なんですよね。

主人公ルーシーがフィレンツェを訪れた際、通されたホテルの部屋は、予約した時にお願いしたはずの「眺めのいい」部屋ではありませんでした。窓から、街の景色もドゥオーモも見えないと言って不満をもらすルーシー。その時、眺めのいい自分たちの部屋との交換を申し出てくれたのが、運命の相手、ジョージだったのです。

随分昔の映画ですが、フィレンツェのドゥオーモや、ポンテ・ベッキオ(橋)が鮮やかに映し出されていた記憶があります。ジャンニ・スキッキの舞台ですものね。名のとおり息をのむほどに美しい映画。

中でも印象的な光景は、タイトルにもあるとおり、ホテルの部屋から眺めるフィレンツェの街並み。窓枠は額となり、切り取られた風景は絵画のようにスクリーンに広がるのです。そして目に飛び込んでくるのはサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂――ドゥオーモのオレンジ色のクーポラ。

窓がかけた魔法に呑み込まれて運命が回り始めるふたりの男女。

ただの景色でなく、窓の景色って不思議な力がある気がしませんか。


A room with  the view




そういえば、フルフェイスの窓、なんてのもありますね・・!(笑 )


美雨

❤今日のおまけ❤
http://www.youtube.com/watch?v=ul9OTShQ_rc&feature=related
A room with a viewでもおなじみ、ジャンニ・スキッキから「わたしのお父さん」


オルフェウスの窓001(小)
今日も読んでくれてありがとう♪


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ



[Suvil] ITCC2-WH  [Suvil] ITCC2-GR  [Suvil] ITCC2-R  [Suvil] ITCC2-BL  [Suvil] ITCC2-BK
More-Tasty『GAMAGA』コーヒーメーカーボトル「GAMAGA」 レッドTWINBIRD(ツインバード) 真空ダブルステンレスサーバーコーヒーメーカー CM-D806B

スポンサーリンク

Comment

No title 

いつも暖かいコメントをくださって本当にありがとうございます(´∀`*)

オルフェィすの窓、懐かしいです♪
そして・・・
眺めのいい部屋、また見たくなっちゃいました。。

美雨さんも、寒くなったのでお風邪を召しませんように・・
ご自愛下さいませ♥
そして
楽しい 暖かい週末を!!
  • posted by すみこ 
  • URL 
  • 2010.12/11 21:36分 
  • [Edit]

拙ブログのA Room with a view記事にコメントくださった皆さま 

てらぞうさま 虫の貯蓄さま、sunnylakeさま、betipaさま、モフぞうさま、かえるママさま、キキコさま、ダリアさま、ピー助さま、tedukuridaisukiさま、いねむり姫さま、ののさま、えへへさま、かじぺたさま、 ラメロウさま、コウさま

このたびも、素敵なコメントを頂戴し、感謝いたします。一人一人コメント返しできず申し訳なく思います。<m(__)m>

ヴェローナにある、ジュリエットの窓、ロマンティックですね。本当に月明かりが似合いそうな,美しい窓ですね。 この窓(バルコニー)がなかったら、ロミオとジュリエットはこんなにも有名な作品にならなかった気がします。

カメラのファインダーからのぞく世界は全て芸術となりうる被写体なのでしょうか。
そういう意味では二次元の窓って額縁ですよね。
濁った景色でも、その額縁とお気に入りのカーテンがあれば、どことなく景色が素敵に見えるので不思議です。幕と舞台の関係ですね。(*^_^*)

>眺めのいい部屋
綺麗な綺麗な映画でしたね。主人公のルーシーが交換してもらった部屋の窓から見た景色が、絵のように綺麗で、窓って、考えたら全てがドラマになりますね。(笑)窓からの背景も音楽も泣きたいくらい美しくて、そういえば、ピクニックのシーンとか、テニスのシーンとかもウエッジウッドの器の絵柄になりそうなほど凝っていましたね。(笑)

>オルフェウスの窓
名作中の名作ですね。イザークはベートーヴェン弾きでユリウスはショパン弾きでしたが、池田理代子さんがいかにベートーヴェンが好きで、敬愛していたか、作品を読んでいると音楽が聞こえてくるので解る気がします。皇帝だったり、ロマンス(ヴァイオリン曲)だったり、君を愛す、だったり・・・。ドイツリートのような文学的要素とあいまって、ドイツのアカデミックさ、精神性を感じました。実はベルばらより好きです。わがままモーリッツも嫌いでなかったですが、ちょっとヘンタイぽいダーヴィドが好きでした。でも、一番好きだったのは三部で出てくるレオニード・ユスーポフ候です。軍人の鏡!理屈抜きに、かっこいい!ちょっと、イルグクさんが演じた「私はお前だ」のアン・ジュングンとも被ってしまうのは私だけでしょうか。(笑)

>ラプンツェル
グリム童話って美しいのに実はすごく怖いですよね。
バイエルン人を意味するバーバリアンと言う言葉がありますが、英語では”野蛮人”と訳されるの、言い得て妙です。(苦笑)ゲルマンの民話のロマンの裏側にあるバーバリアンちっくな側面もわりと好きだったりします。(^-^)

ポエティックなコメント、アカデミックなコメント、ノスタルジー溢れるロマンチックなコメント、こころが癒される温かいコメント、沢山いただき本当にありがとうございました。今日も皆さんにとって素敵な一日になりますように。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.12/11 07:10分 
  • [Edit]

電車の運転席 

 MIUMIU  こんばんは。
コメント ありがとうございましたm(_ _)m

 ジュリエットの窓 素敵ですd(-_^)good!!
私にとって、MIUMIUが太陽(#ノ▽ノ#)
MIUMIUは ジュリエットより美しい(*^^*)

 私は、電車の運転席の窓も 好きです(^^)
 フルフェイスの窓…ずっと考えていて、やっと分かりましたf^_^;

 ではまた☆
  • posted by コウ 
  • URL 
  • 2010.12/10 23:52分 
  • [Edit]

No title 

イタリアも行ってみたいんですよねぇ。

ローマ、ヴェネツィア、フィレンツェ等々、訪れるべき町がたくさんあり過ぎて、いざ行けるとなっても決め切れないかもしれません。(^_^;)

窓の話、とても興味深く読ませていただきました。関係ないですけど、僕は窓越しに見る空がとても好きです。
  • posted by ラメロウ 
  • URL 
  • 2010.12/09 21:16分 
  • [Edit]

こんにちは(^^*) 

ラプンツェル・・・私が何よりも印象に残っているのは
彼女のお母さんが妊娠中に
どうしても食べたくてたまらなくなった魔女の畑の
『みずみずしくて、甘そうで、おいしそうなラプンツェル』
なんですよね~~・・・ロマンティックの欠片も無いですね。
食いしん坊すぎる(笑)
でも、それから私は
想像する、その最高の味を求めてやまないんですよ~~・・
新鮮なレタス類を手に入れる度に、これかも・・・と
ついつい期待してしまいます(^^;)

それはそれでロマンかしら??(笑)
  • posted by かじぺた 
  • URL 
  • 2010.12/09 14:24分 
  • [Edit]

こんにちは 

風邪を引いてないでしょうか?

写真が美しいです・・・日本からでた事がないので・・・海を渡ってみたいですね(笑)

一杯すてきな所 教えて下さいね。
  • posted by えへへ 
  • URL 
  • 2010.12/09 13:56分 
  • [Edit]

No title 

こんばんは
オルフェイスの窓
懐かしい
あの頃はアニメの登場人物に
恋していました
  • posted by ののさん 
  • URL 
  • 2010.12/09 01:02分 
  • [Edit]

No title 

おしゃれな窓辺~

センスが良いです!
鍵を握るのはもちろんセンスの良い美雨さん!^^
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2010.12/09 00:11分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/08 23:44分 
  • [Edit]

No title 

不滅の恋ベートーベンの映画観たかったのに、観てなかった。。
すっかり忘れていたので、借りてみようかな。。
美雨さんのお部屋キレイですね!
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2010.12/08 19:51分 
  • [Edit]

懐かし~い(^O^)/ 

「眺めのいい部屋」素敵な映画ですよね。大好きな映画の一つです。好きなシーンはたくさんあるけれど、一番心に残っているのは、二人が新婚旅行でふたたびあのホテルに滞在して食事をしている時、かつてのルーシーといとこのシャーロットのように眺めの良くない部屋へ通され文句を言う女性達にジョージがルーシーを見つめ手を握りながら言う言葉、”We have a view“ この言葉が胸に響きました。“愛する人こそ最高の眺め”そんな風に感じました。
それから「オルフェウスの窓」懐かし~い。(^O^)全巻持っていますよ。なぜだか意地悪モーリッツが好きでした(#^.^#)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2010.12/08 18:39分 
  • [Edit]

No title 

窓といえば、オランダが一番に浮かんできます(^^)
ジュリエットを見つめていた窓、ステキでしたよねえ。
って、映画でしか知らないのですが。
日本の遊郭、あれは窓とは言わないっかあ(笑)
  • posted by キキコ 
  • URL 
  • 2010.12/08 17:36分 
  • [Edit]

No title 

美雨さんの記事を読むと、窓ってロマンチッックですね。
ヴェローナ、ジュリエットの窓は初めて,拝見しました。
月明かりが似合いそうな,美しい窓ですね。
確かに、ホテルなどはオーシャンヴューのお部屋はお値段が上がりますからね。眺めって大事なんですね。
「心の窓を開く」素敵な表現ですね ....
プッチーニの「私のお父さん」は私もよく聴いてます。
とても,優雅で、今日の記事にピッタリですね。
冬になって、すっかり窓を開ける事が、少なくなりましたが、でも気分転換に窓を開けて、新鮮な空気を取り入れるだけで、気持ちもリフレッシュされますよね。早速やってみます!
  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2010.12/08 15:25分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/08 13:58分 
  • [Edit]

こんにちは~ 

ヴェローナかあ~
通り過ぎたけど、まだ行ったことないのです~
趣のある窓ですね~

でも、いまものすごくオルフェウスの窓が読みたいです~
あぁ~読みたい~(笑)

ありがとうのポチ☆
  • posted by betipa 
  • URL 
  • 2010.12/08 13:56分 
  • [Edit]

No title 

「見たくないものは見なくてもいい」という言葉、私が昨日下書きに書いた詩と同じで驚きました~。
窓ってほんとにいい言葉ですね。
窓から見る景色は絵画だと私も思います。
そして何より、光が差し込んでくるのがいいですよね。
窓があるだけで、その部屋は柔らかい光につつまれた美しい部屋になるのでしょうね。
それにしても美雨さんのお部屋は、本当に美しいです。
憧れます。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2010.12/08 13:03分 
  • [Edit]

No title 

虫も窓といえばウィンドウズタイプです(;´∀`)
人それぞれ色々ありますよね( ´∀`)bグッ!

これが有名なあの窓ですかΣ(゚Д゚;o)
凄いですよね(*´∀`*)
初めて見ましたよ(*ノ∀ノ)
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2010.12/08 13:00分 
  • [Edit]

No title 

これがあの有名な~~~
バルコニーですか
僕は天窓が好きです、光差し込む天窓
憧れです
ログハウスにはついてるんですが
ぽちっと~~~
  • posted by てらぞう 
  • URL 
  • 2010.12/08 09:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

月別アーカイブ

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


インスタ映えするスペースレンタル

コロナウィルス、花粉、ニオイ対策

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム